Newsニュース

イグナイトアイ、「新卒採用の振り返りに関するアンケート調査」の結果を公開

プレスリリース
2020.11.09

~自社の「採用活動の振り返り」に不安を感じている企業が約6割を占める結果に。
 振り返りで注目するポイント1位は「各選考フローの遷移率」~

                                            

 採用管理システム「SONAR ATS」などHRTechサービスを提供するThinkingsグループのイグナイトアイ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:吉田 崇、以下:当社)は、新卒採用担当者を対象に「新卒採用の振り返りに関するアンケート調査」を2020年10月に実施し、調査レポートを公開しました。

                                             

■調査概要
調査対象: 新卒採用担当者  ※属性詳細は別紙1をご覧ください。
回答者数: 168名
実施期間: 2020年10月19日~2020年10月28日
実施方法: Googleフォームによるアンケート調査およびExcel調査票への回答

                                             

<引用について>
•本調査を引用する際は、以下表記およびURLを必ずご利用ください。
「新卒採用の振り返りに関するアンケート調査/イグナイトアイ株式会社作成(2020.11.9公開)」
 URL:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000007.000055762.html
•報道関係者様による引用の場合、掲載動向の把握のため、イグナイトアイ広報までご連絡いただけますようお願い致します。

                                         


<調査結果TOPICS>

新卒採用の振り返りを実施している企業が全体の約9割を占める一方、振り返りを実施している企業の約6割が「採用活動の振り返り」の内容と手順に不安を感じている。

 →全体の約9割(88.7%)が新卒採用の振り返りを実施しており、約7割(66.7%)が「振り返り資料を作成して実施している」と回答した。(グラフ①)
 →新卒採用の「採用活動の振り返り」の内容と手順について「不安がある」「どちらかというと不安がある」の合計が「振り返りを実施している企業」の約6割(61.1%)を占めた。(グラフ②)
  →「振り返り資料を作成している企業」の約6割(58.0%)が振り返り資料作成にかかる時間について「10時間以上」と回答した。(グラフ③)

                                         

採用の振り返りで注目するポイントは「各選考フローの遷移率」「内定者の質」「エントリー学生(母集団)の質」

 →自社の新卒採用に関する「採用活動の振り返り」で最も注視していることのうち、上位3つを聞くと、注視していることの第1位は「各選考フローの遷移率」(46人)が最も多く、次いで「内定者の質」(43人)となった。(グラフ④)
 →順位を考慮せず、1位~3位まで選択された回答数を全て合計した場合、全体の57.7%にあたる86人が「各選考フローの遷移率」を1位~3位までのいずれかに選択していることがわかった。次いで「内定者の質」69人(46.3%)、「エントリー学生(母集団)の質」65人(43.6%)となった。(グラフ⑤)

                                           

振り返りの観点や手順が明確になっておらず効果的な振り返りができていないという声が集まる一方、観点や手順が明確であっても、データ集計・分析・資料作成などに時間がかかる、改善点がある等の実務面での課題が存在。

 →振り返りの観点や手順についての回答は、「振り返りの観点・手順など、進め方そのものに課題がある」「後回しにしてしまう」「次年度への反映ができていない」「有効な分析ができていない」という4つに分けられた。
 →観点や手順が明確であっても、実務面の課題として、「データ集計・情報整理に手間・時間がかかる」「分析の内容・手順に課題がある」「資料作成に手間・時間がかかる」の3つに分けられた。


***


新卒採用の振り返りを実施している企業が全体の約9割を占める一方、振り返りを実施している企業の約6割が「採用活動の振り返り」の内容と手順に不安を感じている。

 自社の新卒採用に関して「採用活動の振り返り」を実施しているか聞いたところ、回答者の約9割(88.7%)が実施しており、約7割(66.7%)が振り返り資料を作成して実施していると回答しました(グラフ①)。また「採用活動の振り返りを実施している」と回答した人に、新卒採用の「採用活動の振り返り」の内容と手順についてどの程度自信があるか聞いたところ、「不安がある」「どちらかというと不安がある」の合計が約6割(61.1%)を占めました。一方で「自信がある」は4.7%にとどまりました。(グラフ②)

                                          

 「採用活動の振り返り資料を作成して実施している」と回答した人(112人)に、振り返り資料の作成にどれくらいの時間を費やしているか質問したところ、約6割(58.0%)が「10時間以上」と回答しました。(グラフ③)

  多くの採用担当者が、自社の新卒採用の「採用活動の振り返り業務」の内容に不安を抱えたまま振り返りを実施している一方で、多くの時間を割いていることがわかります。

 

採用の振り返りで注目するポイントは「各選考フローの遷移率」「内定者の質」 「エントリー学生(母集団)の質」

 「採用活動の振り返りを実施している」と回答した人に、自社の新卒採用に関する「採用活動の振り返り」で最も注視していることのうち上位3つを選択してもらったところ、第1位の回答では「各選考フローの遷移率」(46人)が最も多く、次いで「内定者の質」(43人)となりました。第2位の回答で多かった項目は「エントリー学生(母集団)の質」(30人)「各選考フローの遷移率」(25人)「内定辞退率」(22人)でした。第3位の回答で多かった項目は「媒体の費用対効果」(27人)「内定辞退率」(21人)「インターンシップの効果」(20人)でした(グラフ④)。

 順位を考慮せず、1位~3位まで選択された回答数を全て合計した場合、86人が「各選考フローの遷移率」を1位~3位までのいずれかに選択し、総回答数149人のうち約6割(57.7%)を占めました。次いで「内定者の質」69人(46.3%)「エントリー学生(母集団)の質」65人(43.6%)となりました(グラフ⑤)。

グラフ④内「1位」棒グラフの選択肢順に合わせて作成

 「各選考フローの遷移率」を注視する回答が多かったものの、「内定者の質」「エントリー学生(母集団)の質」も同様に多く選択されました。近年、複数の選考フローを用意する企業も増えるなど、選考フローは複雑になっており、それぞれの採用手法が効果的だったかを見定める指標として「各選考フローの遷移率」を重視する企業が多いと考えられます。また、実際に内定した学生やエントリー学生が、自社の求める人材にどれだけマッチしていたかなど、人材の質を注視する企業が多いことがわかりました。

                                            

●振り返りの観点や手順が明確になっておらず効果的な振り返りができていないという声が集まる一方、観点や手順が明確であっても、データ集計・分析・資料作成などに時間がかかる、改善点がある等の実務面での課題が存在。

 「採用の振り返り業務の「課題」を具体的に教えてください。(例)何が難しいか、何に時間がかかっているか、等。(n=149 対象:「振り返りを実施している」と回答した人)(自由記述回答)」の設問では、大きく以下のカテゴリに分けられる意見が集まりました。

                                                          

 振り返り業務の不安は、「実施している振り返り業務に対して、今のやり方で良いのか、効果的な内容になっているのかわからない(自信がない)」という振り返り業務そのものに関する課題と、「実際に行う作業に手間や時間がかかる、手順や内容の改善が必要」といった実務面の課題の2面性があると考えられます。
※回答詳細は別紙2をご覧ください。

                                            

■アンケート調査結果をもとにオンラインセミナーを開催

 今回のアンケート調査を通して、多くの採用担当者が自社の新卒採用の振り返り業務に不安を感じていることが明らかになりました。採用担当者が何に注目して振り返りを実施しているかという現状や、振り返りを効率的に実施し次年度に活かすにはどうすべきなのか、多くの採用担当者が模索しながら実施している現状が、より具体的に見えてきました。
 一般的に、企業は採用年度ごとに新卒採用の振り返りを行い、取り組みの成果や課題を分析し、次年度以降の採用計画に活用しています。また、振り返りレポートを作成するためには、分析の観点を明確にし、自社の採用情報のデータを集め、分析可能な状態に整理する必要があります。当社ではこうした「採用活動の振り返り業務」の本質を改めて見直し、自社の新卒採用の振り返り業務を改善できるきっかけを提供出来ればと考え、本アンケート調査結果をもとに、オンラインセミナーを開催致します。

                                                   

「新卒採用の振り返り業務」に関するオンラインセミナー 概要


【タイトル】
「新卒採用の振り返り」の本質を見直そう
 ~半数以上が「不安」。採用担当者のアンケート結果から考える~

【URL】 https://sonar-ats.jp/seminar/201125/
【日時】2020年11月25日(水)14時~15時
【登壇者】
 増渕 知行(ジャンプ株式会社 代表取締役)
 山田 功生 (フリーランス)
 岡部 能直 (フリーランス)
 吉田 崇 (イグナイトアイ株式会社 代表取締役)
【プログラム】
 ・オープニング
 ・採用の振り返りに関するアンケート調査 結果報告
 ・パネルディスカッション
 ・登壇者へのQ&A

                                        

 また、当社はこれらの課題解決に向け、新卒採用の振り返りレポートを無料で作成・提供する新サービス「ReReA(リリア)」β版を提供しており、今回の調査結果を元にサービス改善も進めて参ります。今後も、Thinkingsグループは、テクノロジーの活用により、採用担当者が採用の本質的な業務に専念できるよう、サービスの向上に努めて参ります。
 この度、アンケート調査にご協力いただいた皆様に改めて感謝を申し上げます。

                                           

■新卒採用振り返りレポート作成サービス「ReReA(リリア)」β版について
 採用担当者は、利用媒体や応募者の属性など、自社の新卒採用に関する情報を「ReReA」へアップロードすることで、合計18ページの振り返りレポートをPPT形式で、無料で取得することができます。本サービスは当社が提供する採用管理システム「SONAR ATS」ユーザーに限らず、誰でも無料で利用可能です。「ReReA」でレポート作成時間を短縮することで、採用担当者に、振り返りの考察や次年度の改善など、より「人」にしかできない業務に専念して頂きたいという想いから「ReReA」を開発しました。
URL:https://sonar-ats.jp/rerea/

                                               

▼「ReReA」を開発した背景についてはこちら
  https://note.com/thinkings/n/n8659b45c3e8d
▼「ReReA」のサービス体験レポートはこちら
 https://note.com/thinkings/n/nf1410ccfaf2b

                                          

■イグナイトアイ株式会社について
会社名 : イグナイトアイ株式会社
代表者 : 吉田 崇
設立  : 2013年5月
所在地 : 東京都千代田区一番町4-6 一番町中央ビル2F
URL  : https://www.igniteeye.com/
事業内容: 新卒採用・中途採用向け採用管理システム事業、適性検査事業などのHRTechサービス、採用マーケティング事業

                       

■Thinkingsグループについて
 イグナイトアイ株式会社、株式会社インフォデックスの2社で構成。採用管理システム「SONAR ATS」のマーケットプレイス化をはじめとしたHRTechサービス提供を主軸に事業を展開しています。Thinkingsグループはテクノロジーをベースに様々な分野の課題解決をしていく会社として、HRTech事業以外の既存事業の拡大や新規事業の創出も進めていきます。
URL  :https://www.thinkings.co.jp/

                                            

別紙1:アンケート回答者の属性 (総回答数:168)


別紙2:

 「採用の振り返り業務の「課題」を具体的に教えてください。(例)何が難しいか、何に時間がかかっているか、等。(n=149 対象:「振り返りを実施している」と回答した人)(自由記述回答)」の自由記述回答から抜粋し、カテゴリ別に分類。
※1つの回答内で2つのカテゴリにまたがる記述があった場合、回答を編集し各カテゴリに分けて記載した。
例:「そもそも何を注視すればいいのか自信がない、データ集計に時間がかかる」はA-1、B-2にそれぞれ記載。

                                                   

A:「採用の振り返り業務」そのものを効果的に実施できていない

                                              

B:「採用の振り返り」のためのデータ集計、分析、資料作成など実務面に課題がある

                                              

<広報関連のお問い合わせ先>
Thinkings株式会社 広報PR 担当:石橋
Email: pr@thinkings.co.jp