Newsニュース

Thinkings、「これからの組織運営」について考える組織再考計画
フェーズ①の活動を終了し、活動報告を特設サイトに公開

コーポレート プレスリリース
2021.11.30

~「社会の変化」と「個人の変化」を組み合わせ、4つのシナリオの仮説を設定~

     

 採用プラットフォーム「sonar」を提供するThinkings株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:吉田 崇、以下:当社)は、組織再考計画(Re-Thinking Organizationsプロジェクト)のフェーズ1が終了し、活動内容をWebサイトに公開しました。「組織再考計画」は、大小さまざまな社会環境・経営環境の変化の中で、日本企業における「経営環境の変化」と、変化に対応していくための「これからの組織運営」について考えるプロジェクトです。
組織再考計画HP: https://thinkings.co.jp/re-thinking/

 本プロジェクトは、以下3つのフェーズで展開しています。今回、フェーズ①が終了し、活動内容をWEBサイトに公開しました。
フェーズ①:今後重要となる「日本の経営環境の変化」に関する仮説の設定
フェーズ②:それらの仮説から考えられる「組織運営の変化の兆し」に関する実態調査
フェーズ③:調査結果を受けて最終的には、企業が実践できる具体的なアクション(≒組織運営の打ち手)の提示

        

■組織再考計画:フェーズ①活動内容について
 「日本の経営環境の変化」に関する仮説を設定するにあたり、本プロジェクトにおいては「シナリオ・プランニング」※の手法を活用しました。また、経営環境の変化の中でも「組織」の変化に焦点を当て、そこに影響を与える2つの観点として「社会」と「個人」の2つの変化を設定しました。

     

●個人の変化:4つの世界

▲個人の変化のトレンドを捉えるに当たり、縦軸には「希望する所属の仕方」(流動的←→固定的)を取り、横軸には「主なドライバー」(自己表現←→サバイブ)を取った

         

●社会の変化:4つの世界

▲社会の変化のトレンドについては、縦軸に「形成される社会」(1つの社会←→個別の社会 )を取り、横軸には「社会における主たる風潮」(持続可能性←→経済原理)を取った

    

●「社会の変化」×「個人の変化」の組み合わせまとめ
 最後に、「社会の変化」ごとに、主流派となる「個人の変化」との組み合わせを考え、以下4つのシナリオの仮説を導きだしました。

       

●「1つの世界市場」の中で、個人は「より良いキャリア」を目指して流動的に働く場所を選び続ける
●「1つの社会」の中で「持続可能性」が強まると、個人は「分人的」に流動的に様々な場所に参加する
●「地域内での持続可能性」が影響を強める中では、同じビジョンを掲げる「私たち」の組織へと人は参画する
●「社会の間での競争」が強まる中で同じ組織の中で良い関係を作りながら組織内の競争に勝ち残ることを目指す

     

 Phase2では、この4つのシナリオの仮説を中心に据え、アンケート調査やインタビューによるPhase3の具体的な提言に向けた実態調査を進めてまいります。

     

詳細は特設サイトをご覧ください。
URL:https://thinkings.co.jp/re-thinking/

▲Phase2の実態調査では、この4つのシナリオ(【Ⅰ- A】【Ⅱ- B】【Ⅲ- C】【Ⅳ- D】)を中心に据える

   

▲プロジェクト全体図

■参加者コメント
 第一フェーズの議論を通じて、改めて今の世界における資本主義の力というのを再認識しました。 その力は私たちの生きる社会にたくさんの恩恵をもたらし、そして同時にたくさんの歪みの種も生み出しました。 待ったなしの気候変動問題やより一人ひとりの生きる意味を問い直している現代社会において その資本主義の力との付き合い方が問われる時代になったと思います。 引き続き、私たちが進む道筋と具体的な歩み方を探求していきたいと思います。(フェーズ1 検討メンバー 嘉村賢州)

  

 Phase1の仮説の設定にあたって、かなり広い検討範囲を持った状態からスタートしたため、プロジェクト全体の進行の質を高める試行錯誤も必要でした。プロジェクトに関わっている多様なメンバーが、それぞれの強み、異なるバックグラウンドを活かせたことで、今後のPhase2、Phase3に進むに足る魅力的な仮説が設定できました。(プロジェクトファシリテーター ⼭⽥裕嗣)

   

■参加メンバー一覧
<フェーズ1 検討メンバー>
瀧澤暁(プロジェクトリーダー) / Thinkings株式会社 代表取締役会長
⼭⽥裕嗣(プロジェクトファシリテーター) / 株式会社令三社 代表取締役
岩本卓也/株式会社Polyuse 代表取締役CEO
嘉村賢州/場づくりの専門集団NPO法人「場とつながりラボhome’s vi」代表理事、東京工業大学リーダーシップ教育院特任准教授、『ティール組織』(英治出版)解説者

   

<フェーズ1 アドバイザー>
垂水隆幸 / コーチング.com株式会社 代表取締役
日渡健介 / NPO法人Talking 代表

   

<フェーズ1 プロジェクトサポート>
関美穂子(グラレコ) / アラワス 代表
やつづかえり(ライター)

     

■採用プラットフォーム「sonar HRテクノロジー」について
 採用プラットフォーム「sonar HRテクノロジー」は、「sonar ATS」、「sonar store」、「sonarまとめてパックシリーズ」、これらsonarブランドの総称です。「採用の解像度を上げ、真のマッチングを実現する。」というビジョンのもと、採用担当者を支援いたします。ブランドビジョンやサービス詳細については以下リンクをご覧ください。
sonarブランドサイト:https://brand.sonar-ats.jp/
ブランドリニューアルリリース:https://thinkings.co.jp/news/sonar-ats/news20210524/
note「採用の解像度を上げる」について:https://note.com/thinkings/n/n9695f6f98f67

         

■Thinkings株式会社について
会社名 : Thinkings株式会社
代表者 : 代表取締役社長 吉田 崇
設立  : 2020年1月
所在地 : 東京都中央区日本橋本町4-8-16 KDX新日本橋駅前ビル5階
URL  : https://www.thinkings.co.jp
事業内容:新卒・中途採用向け採用管理システムを主軸とするHRTech事業、
     及び、多様なHRサービスを総合的に購買・導入支援するマーケットプレイス事業

     

<広報関連のお問合わせ先>
Thinkings株式会社 広報PR 担当:石橋
Email: pr@thinkings.co.jp